忍者ブログ

視線を落とす

視線を落とす

なない灯に照ら

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

なない灯に照ら



ちょっと有名な庭園に、バラの花を見に行った。 午後5時半を過ぎると、辺りは驚くほど真っ暗で、冷たい風が首筋をかすめ、様々な種類のバラは白熱されて静かに揺れていた。

僕はバラの花が取りたてて好きなわけではない。

僕が生まれる前に、遠くの国で交配されて生ま避孕 藥れた多くのバラが、その品種名と生産者の名が書かれたプレートと共に、行儀良く並んでいた。
花弁に鼻を近づけ、匂いを嗅ぐ老齢の女性グループがいた。 ”beautiful”を連発する外国人夫婦がいた。
僕は、修学旅行でお寺を訪れたときのような気持ちになって、バラの間をそぞろ歩いた。 一巡りして階段を上ったところから後ろを振り返ると、夕闇の中、たくさんのバラがライトに照らされて少し霞んでいるのが見えた。

しばしば多くのものは、遠くから見たほうが、近くで観察したときよりも綺麗に見えたりする。
そして、と僕は思う。 この光景を5年たってふと思い出したら、いま実際僕が見ている光景よりも、綺麗に僕の脳裏に浮かび上がるのだろう。 他の多くの思い出と同じように。   


それにしても、誰も怪我をしなかったのはよかったのだけれど、僕は運転手が少し気の毒に思いました。もし僕がそんなド派手な事故を起こしたら、死程度に避孕 藥 副作用足の骨を折るくらいの怪我を負って、少しでも野次馬たちの哀れみを買いたいです。 もし無傷であっても、怪我をしたフリくらいはするかもしれません。 こんな僕を許してください。 人は誰でも主人公になりたがっているものではないでしょうか?   

結局、見当をつけていた建物がやはり新しい校舎だった。 敷地に入ると、煉瓦の小道が続いていて、その横にはコスモス畑が広がっている。 建物の中以外は市民に開放されているので、犬を連れたおばあさんと擦れ違う。 いろいろなものが全て新しくて、何だかくすぐったいような違和感を覚える。 小道は円形の中央広場に繋がっていて、その広場醫療援助計劃を囲んで四つの建物が建っている。 案内板を見て教務課を探す。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R